(株)データ分析研究所 業務案内・データ分析用語解説
(2017年2月24日)
〒001-0024 札幌市北区北24条西6丁目1‐7−906
電話 011−556−7337
FAX 011−577−8882

E-mail kkdai@jcom.home.ne.jp

会社概要・所在地
●データ分析用語解説 ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行 ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行 参考文献
●既刊書籍(詳細・注文方法
C-07「一対比較法のモデル・最大値選択のモデル」154頁,3000円(本体),2016年。
C-04「第2版 心理測定の基礎と調査での応用」、348頁,5000円(本体),2015年。
C-04「第2版 心理測定の基礎と調査での応用」、348頁,5000円(本体),2015年。
A-16「第2版 多変量回帰分析・正準相関分析・多変量分散分析」,222頁,4000円(本体)。2014年。
C-06「心理学的的測定法序説−対数モデルと強度関数−」295頁,5000円(本体),2013年。
C-03「第2版データ分析入門2−多変量解析法・MDSの応用−」312頁,5000円(本体),2012年。
A-55「第2版重回帰分析の利用法」,300頁,5000円(本体),2011年11月。
A-48「第2版コレスポンデンス分析の利用法 一般対応分析モデル」,296頁,5000円(本体),2011年。
A-58「第3版コンジョイント分析」,188頁,5000円(本体),2010年。
C-05「一対比較法のモデル」117頁,3000円(本体),2010年。
A-37「既存の空間にデータを追加する方法−外部分析手法−」,184頁,2600円(本体),2007年。
(絶版)C-05「一対比較法のモデル」117頁,3000円(本体),2010年。
(絶版)J-17「コレスポンデンス分析と因子分析によるイメージの測定法」,220頁,5000円,2002年。
(絶版)C-02「データ分析入門−行動の測定・分析・予測−」 ,310頁,5000円,2001年。


●刊行予定書籍(研究作業中の課題など)
C-08「順序測定値」近刊(2017年5月頃。
A-01「一般化主成分モデルの応用(多元主成分分析・多元コレスポンデンス分析・潜在クラス分析など)」刊行年未定。
C-07「指数型分布と心理測定値」刊行年未定。
A-02「一般化分散・行列式・一般化決定係数・固有値・フィッシャーの情報量などの関係」刊行年未定。
A-03「統計的指標の比率表現(F比、確率、説明率など)と加算表現(基準値との差、AIC、不変尺度値など)について」刊行年未定。
C-01「データ分析用語解説」(このホームページの冊子版)

●統計分析方法の一覧表
Aシリーズ(統計分析法・心理測定法の詳しい説明)  一部分既刊。
Cシリーズ(統計分析法・心理測定法の概要)  一部分既刊
Eシリーズ(研究報告書・応用事例の詳説) 未刊。
Jシリーズ(応用事例別の一覧表)  一部分既刊
Mシリーズ(計算プログラムの一覧表)
 

●最近の「データ分析用語解説」(ホームページ)修正箇所

(2014.01.07)「比例尺度の等間隔と尺度値の等間隔」項目追加。
(2009.04.18)「測定のレベル」削除。「測定値の分類」追加。
(2009.03.26)「一対比較法」修正。
(2009.03.26)「説明変数の解釈についての2つの誤りと多重共線性」項目追加。
(2008.06.23)「潜在クラス分析と数量化3類との違い」項目追加。
(2008.06.23)「シェッフェの一対比較法と重回帰処理法」項目修正・内容追加。
(2008.06.22)「潜在構造分析(潜在クラス分析)の意味とすべての項目を同等に取り扱う計算法」項目追加。
(2008.04.03)「多変量解析の定義」項目追加。
(2008.04.03)「ラウンドロビン」項目追加。
(2008.02.10)「3相因子分析と3元因子分析」項目追加。
(2007.12.29)「マハラノビスの距離」項目追加。
(2006.10.06)「PSM(プライス・センシビリティ・メージャーメント)」内容修正。
(2006.10.06)「フェヒナーの対数法則」内容修正。
(2006.06.18)「多変量標準化」項目追加。多変量回帰分析関係の項目修正。
(2006.06.13)「正準相関分析」修正。
(2006.06.13)「多変量回帰分析」関係の2項目修正。
(2006.04.06)「一般化特異値分解」修正。
(2006.04.06)「部分相関係数と一般化特異値分解」項目の追加。
(2006.03.21)「AID分析によるクラスター判定法」項目の追加。
(2006.03.08)「判別分析(判別境界が楕円の場合)」、「一般化決定係数」項目の追加。
(2006.03.03)「判別分析」修正と図の追加。
(2006.02.21)「多変量分散分析・多変量回帰分析」修正・図の追加。
(2006.01.23)「2重中心化」追加。
(2006.01.23)「単調回帰法」内容の全面的修正、「トーガーソンの計量的MDS」説明図図の追加。
(2006.01.13)「コレスポンデンス分析(平均値表)」分析事例図の追加
(2006.01.05)「正準相関分析のシミュレーション予測」項目の追加
(2005.12.29)「最小2乗法」「最尤法」の修正と追加
(2005.12.13)「外部展開法」図を追加。「嗜好地図」図の変更と追加。「3相コレスポンデンス分析」の説明の追加
(2005.12.09)「3元主成分分析」説明追加。「参考文献」追加
(2005.11.29)「ポアソン回帰分析」「ポアソン分布」3つの図の追加
(2005.11.29)「コレスポンデンス分析(相関行列)」図のコメント修正
(2005.11.27)「正準相関分析の利用法(因果関係の因子分析と単純構造)」項目の追加
(2005.11.24)「コレスポンデンス分析(相関行列の対応分析)」分析事例の図追加

(2005.11.24)「一対比較法」の表を修正
(2005.11.24)「ブラッドレイ・テリーの一対比較」項目の追加
(2005.11.15)「正準分解(canonical decomposition)」の文章の修正
(2005.11.15)「展開法」説明文の修正
(2005.11.14)「コレスポンデンス分析(相関行列)(連続変数×連続変数)」項目の追加
(2005.11.14)「コレスポンデンス分析」一覧表(図)の修正
(2005.11.14)「正準相関分析」文の修正、図の追加、一般化特異値分解の計算法追加
(2005.11.10)「一般化特異値分解」の式の修正


Home 既刊書籍 会社概要 ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行 ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 ワ行 参考文献


inserted by FC2 system